美容整形外科での豊胸術

胸

手術と注射

控えめなサイズのバストにコンプレックスを抱いている人でも、美容整形外科での豊胸術により、バストアップさせることが可能になります。美容整形外科の豊胸術は、主に2種類の方法でおこなわれています。まずは、シリコンジェルや生理食塩水が入ったバッグを挿入するという手術です。患者自身の脂肪を、別の部位から採取して入れるという手術がおこなわれることもあります。どちらの場合も、物が入ることでバストは物理的に大きくなります。もうひとつの方法は、ヒアルロン酸を注射器で注入するというものです。バストの一部分だけでなく、様々な部分から複数の本数の注射をすることになるので、これによってもやはり、バストは全体的に大きくなるのです。

それぞれの特徴

これらの2種類の豊胸術は、方法が異なっているだけでなく、効果も大きく異なっています。まずシリコンジェルや生理食塩水のバッグを挿入する手術ですが、この場合は一気に2〜3カップ分ほどバストアップさせることが可能となっています。バッグが破れない限り、バストアップ効果が半永久的に持続する点も、特徴のひとつです。患者自身の脂肪を注入するという手術は、採取できた脂肪の量と質によって、効果の高さが決まってきます。不純物の少ない良質な脂肪を多く注入するほど、バストは大きく膨らみますし、その脂肪が定着することで、バストアップ効果が長続きするのです。一方ヒアルロン酸の注入は、手術と比較すると手軽で、20分ほどで施術が終わる点が特徴です。バストアップ効果の持続期間は1〜2年ほどですが、定期的に追加で注入してもらうことで、長持ちさせることができます。