バストマッサージの効果

胸

クリームは効果があるのか

バストアップには、ますは猫背の改善でバストを引き上げることが第一です。よく肩甲骨や大胸筋ストレッチによるバストアップ方法を見かけますが、これはバストを支える土台作りをしているというわけです。その上で、バストの血流を良くしてあげることが必要になります。そこでセルフケアとして取り上げられるのが、バストアップクリームです。バストの9割は脂肪、1割は乳腺です。乳腺がバストの大きさを決めますが、女性ホルモンの分泌量が関わっています。そこで、バストアップクリームは、脂肪を増やす、女性ホルモンを促進する、肌のハリを整える、3つの効果を兼ね揃えています。バストアップクリームは外から有効成分を浸透させることで効果を発揮します。そのため、浸透性が高いほど効果を実感しやすいと言えます。さらに、正しいマッサージ方法で効果が高まります。

エステサロンはどうなのか

エステサロンの広告でバストアップという言葉を目にしますが、実際にどんな方法で施術を行っているのでしょうか。エステサロンでは、マッサージでリンパの流れを良くしたり乳腺を刺激することや、バストトリートメントなどのバストケアが中心です。たいてい施術後は効果が目に見えるようですが、マッサージでお肉をあるべき場所に戻しているだけなので、数日で元に戻ってしまいます。ストレッチやマッサージなど、セルフケアが必要になります。また、エステサロンではマッサージだけではなく、光豊胸や吸引という方法もあります。光豊胸は赤外線を中心とした光を当てることで、脂肪細胞をふっくらさせる効果があります。さらに乳腺を刺激し、リンパの流れを促します。吸引は特殊なローラーで下や横に流れたお肉を吸引し、正しい場所に戻します。さらに血行を良くし、新陳代謝を促す効果もあるようです。どちらも回数を重ねて施術を受ける必要があります。